深い森

母島小学校では、4年生になると北村校外学習というものがあります。

戦前の母島は、沖村と北村の2村あり、人口も最大で2000人まで増えたそうです。

北村の近くの東港は戦前、捕鯨船の基地でもあり、今回は見つけられませんでしたが、鯨の骨が集めてある場所も北村の一部にあるそうです。

道無き道の沢沿いをどんどん遡って行きました。

観葉植物で有名なポトス。

ぜーんぶポトス‼️

ここは一体、どこ?

ラピュタみたい!飛行石探そう!

ポトスで覆われてしまって、毎年案内してくれる方が、目的地に到着出来なかったからこそ、日曜日に先生抜きにして、親がついていけることになっちゃいました😊

大きな塊状の根茎から2m以上の葉を出しているリュウビンタイモドキ。

大きなシダは迫力があるなぁ!

いよいよ目的地の神社に到着!

コンクリートの鳥居⛩は折れて、ガジュマルの木に絡めとられている。

これはお手水場かな?

裏には山形県東村山郷成生村の村山大助さんという方が昭和9年に納めたと掘ってあります。

いろんな地方からこの島に移り住んだ人がいるのかなぁ…😃

大きなガジュマルの木がたくさんあって、子どもたちは登り放題😆

きっと昔からそうだったんだろうなぁ😊

あー、楽しかった❣️

タグ

2018年10月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ